TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : かふぇおーれ

Residence : 大分県大分市

Club :

Pride :

2009年の釣り収め

2009年 12月 29日 14時頃

2009年も残すところ3日となった29日、朝から天気も良く風も穏やかな絶好の釣り日和。釣り収めということで佐伯市上浦へ釣行することにしました。

ゼンゴ・クロが釣れたら良いなーということで、上浦の公園のある港(釣り太郎でもお馴染み)に到着。早速ゴムボートで沖テトラへ渡るこちに。まずは地のテトラとの間の水道沖側で釣ることに。マキ餌が効くと早速ツッパリよりやや小さめのゼンゴが入れ食いとなった。タナを変え、ポイントを変えてみるもゼンゴ以外はキタマクラやベラが釣れる位でクロの姿が見えない。なら家族も喜ぶアジ寿司にと100匹を目標にターゲットをゼンゴに。昼前までに2人で100匹以上釣ったところで昼飯タイム。

ゼンゴを釣っているとたまにゼンゴが散って2-3分程度当りのない時が何度かあった為、モイカ釣りに今度は変更。ゼンゴを釣りつつ当りを待つが潮止まりのせいかモイカがお腹一杯になったのか一向に当りがない。そこでゴムボートで釣ろうということで20匹ほどゼンゴを確保。三つ岩?(名前が曖昧です)とテトラの間でやや地寄りにアンカーを打ち釣り開始。

「活きがいいせいでウキが上がってこんなー」と話をしてると竿が2本ともグググっと別々の方向に引っ張られ始め慌てて合わせるが、すっぽ抜け、そのまま放置して振り返るとニコニコしながら弟がやり取り中、タモ網を用意してる間に私のウキがまたなくなってる。今度こそと合わせを取るが乗らない、弟のモイカがブシュ!ブシュ!と言わせながら近づいてくるので(仕方なく)タモ入れ。800g級をGET。「良いなー」と愚痴ってると放置してたウキにまたまた当りが。3度目の正直で慎重に合わせるが合わない。これはハリスにモイカ針が絡まってるのでは?と仕掛けを回収するも正常で問題ない。ゼンゴを付け替え当りがあった場所に再投入。4度目もすっぽ抜け、5度目にしてようやくヒット。これだけ針掛かりしないのだから小さいのだろうと思いきやなかなか寄って来ないうえに糸鳴りがするほど、慎重にタモ入れしたのは2.45kgの大型モイカ。今シーズンで一番大きいイカでした。

それから15時過ぎまで何度も当りはあるものの頭ではなく顎?部分にかじりついてきたやつが多かったせいかGETできたのは6匹のみとなりました。「当りを全部取れたら2桁はいけたなー。顎にかじりつくなら鼻掛けでなく背掛けの方が良かったか?」と弟と同意見でした。

天気も良くゼンゴもモイカの釣果も満足のいく釣り収めとなりました。

筆者のタックル

磯竿:5.3m 2号

道糸:3号

ツケエ:生オキアミ・ゼンゴ

マキエ:オキアミ1つと集魚剤

つり太郎WEB内を検索

バーコード