TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

大分5号地でチヌ釣り

2011年 8月 6日 13時頃

8月6日、小潮。今回は、私のホームグランドでもある5号地へチヌ釣りに行ってきましたので、その時の釣行レポートをしたいと思います。早速現地でマキエを打ちます。今回のマキエは沖アミ生と、信頼するマルキュー「チヌパワーDASH」を遠投できるように練り混み、ツケエに同じくマルキューの「くわせオキアミV9」と「くわせ練りエサチヌ」と「白ダンゴ」を用意しました。ウキは釣研「エイジアLC/0号」を使用。

マキエを打つと海中の中は魚でいっぱいです。豆ゼンゴちゃんにカワハギ君にボラさん達が群がります。潮はあまり動かない感じ…。仕掛けを入れると即ウキが消し込まれました! 釣れたのは豆ゼンゴちゃんでありがとう。次はツケエをダンゴに替えて、仕掛けはマキエのポイントより竿2本先に入れて、アタリを待ちます。すると「エイジアLC/0号」がスッーと消えました。ダンゴを使用していたため、あえて遅アワセにし、ヤリトリ開始。底をジリジリと元気良く泳ぎ周り楽しませてくれます。海面を割って出て来たのは、メイタ君でした。

同じ釣り方で同サイズのメイタを数枚釣る事に成功。この釣り場の水深自体は浅く、3ピロ前後です。釣れたタナは2ヒロ半〜3ピロでした。この日は型こそは出ませんでしたが不思議と「くわせ練りエサチヌ」と同じく「白ダンゴ」を練り合わせたコラボに分がありました。最後にいつも楽しい5号地ありがとう。

釣研FG/GFG/MFG/藪田義人・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード