TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 福岡県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

幻の35cmアユ?

2011年 9月 31日 16時頃

「福岡県の矢部川で竿出しした釣友達が、尺アユを持って帰るのですよ。詳しく聞けば300g、いや、400gもあるデカいのがしょっちゅう上がっているらしく、丁度今年の大分が、アユがあまり釣れないものですから、ちょっと遠征してみようと、9月中旬に矢部川へ向かいました。それで私も竿出ししたのですが、30cm近い、型揃いのアユが釣れるのですよ。それで、『矢部川まで来た甲斐があったなあ』と思っていると、いきなり凄まじいアタリに襲われました。それが、凄いのなんの…。30年以上アユ掛けをしてますが、こんな化物のような引きは初めて。川を下りながら時間を掛けて、やっと取り込んだアユを見て、その引き以上に驚きました。デカイの、なんの、目測で35cmはあったでしょうか? 体長もありましたが、それよりもその腹周りに驚きましたね。それで引き舟に収めて、釣りを再開しました。そしたら釣りをしている間に、引き舟からガタガタと音がするのです。そりゃあもう、台風が戸を叩くような、凄まじい音ですよ。その音が気になりながらも釣りを継続していると、急に静かになったので、『これは遂に弱ったのか?』と思っていました。しばらくして休憩で川べりに戻って引き舟のフタを開けたら、なんと、姿を消したのです! 多分、自力で引き舟のフタを開けて、逃げたのでしょうねー。もったいなかったなあ」(ドジな鮎師より)。

それで頂いたのが、釣った直後の携帯写真。スケールがなく、比較できるのは釣った本人の手の平だけ。うーん、確かに35cmはありそう…。これに懲りずに、またチャレンジして下さいね! って、もう今年のアユは終わりか…。

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード