TOP ≫ 船TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

船エギングで良型モイカ

2011年 12月 7日 21時頃

12月7日、中潮。夕方、船釣り専門船「釣吉丸」(大分市家島)は、大分沖のエギングに向かった。目的のポイントに到着し、エギを投入。まずは3・5号エギを投入するが、エギの着底する感触を掴めない(水深13m)。そこで、ティップラン専用エギのヤマシタ「DDスパイダー/30g」にチェンジ。今度はエギを投入すると同時に、ズドンと海底に着底する感触がダイレクトに伝わる。ロッドを上下に振ってモイカを誘うと同時に、グンと手元に衝撃が走る! アワセを入れると、中々の手応えが手元に伝わる。浮かび上がったモイカは、500g大の良型!それを合図に、中型主体にアタリが連発する。途中、北風が激しくなったが、船が大きいのとポイント変更でなんとか持ち直し、モイカの数を追加。午後7時前に、風が強くなったので納竿したのであった。

「陸のエギングと同じタックルで狙えるように、浅場のボートエギングをメインに釣行します。ただし、エギについては、沖に出ている分だけ潮の流れが強いので、ティップラン専用タイプがオススメです。普段陸で使っているものには、『糸オモリ』を巻くなどして、重くして下さい」(釣吉丸スタッフ)。陸からのエギングがでなかなか釣果が上がらない今年、モイカを釣り足りない釣り人は、ボートエギングにチャレンジしてみてはいかがでしょうか? そろそろ、お正月用のイカの準備をしましょう!

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード