TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

鶴見「小バナ」 2011年釣り納めのクロ

2011年 12月 23日 12時頃

12月23日、大潮。寒波到来のイブイブに鶴見に行って来ました! クロ釣りシーズン真っ只中とあって、テンションはアゲアゲです。同行者は保月さん、安東さんと池松さんの4名。上礁したのは「小バナ」でした。

夜明け前から強烈な風で、ある意味バツゲームです(涙)。そんな寒さをしのぎ、夜が明けて釣りの準備開始です。釣り座に着くと向かい風で潮は当て潮…。最悪なパターンですが、自然が相手なので仕方ありません。何とか仕掛けを馴染ませると、ウキがゆっくりとシモって行きます。すかさずアワセを入れると、なかなかの突っ込み( 汗)。沈み瀬を避わして取り込んだのは、40㎝弱のクロでした。

この後も続くと思いきや…、単発…。状況が替わるのを待ちながら、マキエと仕掛けを投入し続けます。裏手に入っていた保月さんと池松さんはコンスタントに掛けており、時折バラシもあっているようで、こちらちと状況は違うようです。そんな中、我慢を続けている私の所にもクロの姿がちらほら見え、数は拾えますが型はイマイチ。

サイズアップを狙うがなかなか難しく潮止まりです。そうなると自分達も腹ごしらえ。この時期は温かいカップラーメンがたまりません。早々に済ませ再度TRYです。しかし、休憩後も状況は最悪で、クロが食う気配がありません。それでも風が落ち着き、潮目に仕掛けを投入すると、良い感じに仕掛けが馴染みます。そのまま入れ込んでいくと、バチバチと糸引きのアタリ! 上がって来たのは、良型イサキでした。その後はまた風が強くなり、当て潮もどんどん強くて釣り難い状況は替わりません…。が、隣でワンドを狙っていた安東さんに強烈なアタリ、幾度の突っ込みを耐え上がって来たのは、47㎝の良型グロです(最近、この人持ってるかも)。先日も同型を釣ったばかりで、うらやましいです(涙)。

納竿の時刻が迫って来ましたが、船長に連絡を入れてもらい、1時間の延長。しかし、その延長も空しく、三度のバラシで、結局取り込む事は出来ませんでした。しかし、私以外の人はまずまずの釣果を残す事ができていたので、楽しい一日を過ごす事ができました。これから年末にかけて釣行を計画してる方も多いでしょうが、安全に無理のない楽しい釣行を。また、来年もよろしくお願い致します。

TEAM・TRY/T・CLUB/和田昭・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード