TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 福岡県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

ジョニー&ソフトバンク細川捕手の夢のバッテリーが米水津で実現!

2012年 1月 3日 10時頃

1月3日、小潮。早朝、マルキュー・フィールド・スタッフの猪熊博之さん一行は、「水取りバエ」に上礁し、午前7時より釣りを開始した。この日は県外からの特別ゲスト、ジョニーこと元千葉ロッテマリーンズの黒木知宏さんと、中日ドラゴンズとの激戦が記憶に新しい、2011年のプロ野球チャンピオン、福岡ソフトバンクホークスの細川亨さんが同行し、それぞれ潮下の北側に釣り座を構えた。磯釣り大好きの二人であるが多忙であるため、磯に上がることができるのが年に一回がいいところ。猪熊さんはそんな二人に大分のクロを釣って貰おうと、釣り方をレクチャーする。猪熊さんが二人に主にしたアドバイスは以下の2つ。

この日のマキエパターンは①足元→②沖→③仕掛け投入。①の足元へのマキエは、エサ盗りのキタマクラとハコフグを寄せるため。②は竿2本沖の潮のヨレに2、3バイ。③の仕掛け投入はマキエを打ってから20秒後。20秒後に仕掛けを投入するのは、クロが最もエサを捕食するであろう2〜3ピロのタナで、ツケエとマキエが同調するタイミング。

猪熊さんはハリスを張るよりもサミングなしで着水させて(緩キャス)、ハリスがグニャグニャの状態で流すことをアドバイスする。

「この時に注意したいのが竿先を潮上へ打ち返す時に、ハリスを引っ張って直線にしないようにすること。海面でハリスを張ると、風と表層の流れの影響でツケエがマキエと同調しながら上手く流れないと判断しました」(猪熊さん)。元々磯釣りが大好きな2人は猪熊さんのアドバイスをすぐに飲み込んで、中型主体にクロを連発させる。クロのアタリは猪熊さんの予想通りに2〜3ピロ、それ以上深く入るとバリが必ずと言っていい程アタって来た。

さて、お昼に潮止まりを迎えると、全員で船着付近に釣り座を構える。クロのアタリがなくなり、仕掛けを深く入れてもツケエが残るばかり。食事を摂ったり談笑しながら時合い待ちしていると、ようやく下げ潮が極ゆっくりと動き始めた。猪熊さんはそそくさと腰を上げて、竿を握る。マキエ(沖アミの生4角+「グレパワーV9スペシャル」2袋+「グレパワーV10」2袋)を打ち込んでハリにマルキュー「船丸/M」を刺し、仕掛けを投入する。これまでは釣研ウキ「エイジア/0α」が海面下50cm位でクロのアタリを見せていたが、そのラインを通り越してウキが見えなくなる。猪熊さんは穂先に注意しながら流れに合わせて道糸を送り込んでいると、仕掛けを投入してから2分以上経ったところで穂先がキュンとアタリを知らせる。更に送り込んで糸が走った所でアワセを入れると、愛竿がまかつ「アテンダーⅡ/1・25号」がグウッと胴からしなる。この日一番の手応えを楽しみながらタモ入れしたのは、48cmの特大口太であった! その後は竿1本半の深ダナで大型が頻発し、全員が45㎝超を釣り上げたのであった。

「本日使用したマルキュー集魚剤「グレパワーV10」は、集魚力の高い新MP酵母が入ってリニューアルされました。海水温低下の進む今からのクロ釣りに、オススメのアイテムです」(猪熊さん)。

米水津では依然として大型口太がヒット中ですよ!

使用船:千代丸TEL 090・1922・7774

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード